ANSYS Conference 2010 発表事例論文 ANSYS CFDにおける動静翼一体解析モデル

発表団体名

アンシス・ジャパン株式会社

発表事例論文要約

流体解析において、回転系と静止系が混在する複数参照座標系モデルは、ターボ機械をはじめ多くの産業界で、解析目的に応じて幅広く用いられています。本セッションでは、ANSYS CFDで現在利用可能なモデルをまとめるとともに、ピッチ変化を有する1流路解析のような体系での非定常解析を許容し、ANSYS CFX 13で搭載される予定の、Fast Blade Rowソリューションを紹介します。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ