ANSYS Conference 2010 発表事例論文 VHDL-AMSを用いたシステムシミュレーシ

発表団体名

長崎大学

発表事例論文要約

ディジタル回路用の回路記述言語VHDLをディジタル・アナログ混在回路にも適用可能なように拡張したのもがVHDL-AMSであり、IEEEにより規格化されている。この言語は、技術分野の横のつながり(マルチドメイン)、技術分野の縦の深化(マルチレベル)、開発に携わる組織の分業化・専業化(マルチオーガニゼーション)という、システム設計における3つの視点に対応可能である。本論文では、この言語を説明し、特にパワーエレクトロニクス技術を中心とした応用事例について紹介する。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ