ANSYS Conference 2010 発表事例論文 モデルを用いた競走用自動車における加速性最適化

発表団体名

AZAPA株式会社

発表事例論文要約

本発表は、MBDに基づいた開発の事例として、競走用自動車における加速性の最適化を提案します。製品の開発において最適化は最も重要なことですが、様々な部品の組立およびトレードオフ関係になったため、最適化は時間とコストがかかります。AZAPAは、最適化するのに時間とコスト短縮のため、シミュレーションを用いた最適化を行っています。加速性最適化のために、VHDL-AMSにて競走用自動車のモデルを開発しました。加速性の最適化は、競走用自動車なので燃費を考慮せず加速性のみを最適化しました。AZAPAは、最適化の結果ともに、シミュレーションモデルの活用方案まで提案いたします。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ