ANSYS Conference 2010 発表事例論文 ユーザサブルーチン実装のための基礎理論

発表団体名

東北大学

発表事例論文要約

多くの汎用CAEソフトウェアには、ライブラリとして用意されていない材料モデルをユーザー自身で実装して所望の解析が行えるように、ユーザマテリアルやユーザエレメントのサブルーチン機能が提供されています。しかし、自分自身で実装するためには、そのモデルや要素の数式表現と計算アルゴリズムを理解し、定式化する必要があることに加え、CAEソフトウェアの規定に従ってサブルーチンとしてコード化するためのプログラミングの知識も必要となります。本講演では、ユーザサブルーチン機能を利用する際に必要となる、これらの基礎知識を整理して解説します。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ