ANSYS Conference 2010 発表事例論文 HFSSによる、HDD用Suspension配線の解析事例紹介

発表団体名

日本発条株式会社

発表事例論文要約

ハードディスクドライブの記録容量向上には、高周波成分を含む記録及び再生信号を、正確に伝播するサスペンション配線が必要不可欠である。サスペンションは、磁気ヘッドをメディア上で一定の距離に保持する為の、重要なメカ部品である。メカ特性と高周波伝送特性のバランスを把握しながら適切な配線形状を算出する必要があり、3次元モデルを用いた電磁界解析は、非常に有益である。ここ数年でHFSSの解析能力が飛躍的に向上し、高アスペクト比のサスペンション配線を解析できるようになった。今回、これまでの苦労話を含めて解析事例を紹介する。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ