D-617:10-17:50

連成解析・その他

アルミ合金の連続鋳造鋳塊の非定常熱応力解析
有限会社ニューメリカル・テクノロジ
吉原 直武 様

講演概要

高強度アルミ合金の連続鋳造において鋳塊(インゴット)割れの発生頻度が高く、歩留りの向上が課題となる。インゴット割れ対策に役立てるため、高強度アルミ合金の連続鋳造における鋳塊の熱弾塑性解析を実施し、鋳造過程における内部応力の発生状況を調査した。円柱形状のインゴットを対象にし、連続鋳造開始直後からの伝熱境界が時間的に変化する非定常伝熱解析および、それに伴う非定常熱弾塑性解析を、ANSYSのダイレクト連成要素(タイプ223)を使用して実施した

キーワード

非定常解析、移動境界問題、熱応力、連続鋳造、アルミニウム合金、ダイレクト連成要素、ANSYS

閉じる