ANSYS Convergence (2013) 開催報告

ANSYS Convergence開催報告

2013年5月30日(木)、31日(金)、サイバネットシステム株式会社は「ANSYS Convergence」(旧名称: Japan ANSYS Conference)をアンシス・ジャパン株式会社と共同で開催いたしました。当日は多くのお客様にご来場いただき、例年と同様に国内最大級のCAEイベントになりました。ご来場されたお客様に心より御礼申し上げます。

皆様のご支援とご協力により長年開催して参りましたANSYS Conferenceは、本年より名称を「ANSYS Convergence〜集結する知と技術が、新たな可能性をひらく」に変更しました。
「Convergence」は、「一点の方向に向かう」「1つに集約する」という意味を持ち、常に進化と拡大を続けるANSYSのエンジニアリング シミュレーションの世界を表現しています。

本カンファレンス初日は、ANSYS社の Vice President, Marketing である Josh Fredberg より企業戦略及び今後の製品の展望について講演がありました。また、各解析分野のプロダクトマネージャからは、構造・流体・電磁場解析の最新情報についてご紹介しました。

基調講演では、「未来の力を知と技術を通して考える」をテーマに、現在TV等で話題のロボットクリエーター高橋智隆様と、風力発電の研究で各種メディアに紹介されている東京大学工学系研究科教授の石原孟様を講師にお招きし、未来のものづくりの可能性について、それぞれの専門分野からお話しいただきました。

ロボット時代の創造
株式会社ロボ・ガレージ 代表取締役 高橋 智隆 様
数値風洞の最前線〜竜巻の予測から風力発電所の最適配置まで〜
東京大学大学院 工学系研究科社会基盤学専攻 教授 石原 孟 様

セッションの最後には懇親会が開催され、お客様同士やANSYS, Inc.スタッフ、主催社スタッフとの交流にお使いいただきました。今年も大いに盛り上がり、パーティ終了後もお話は尽きない様子でした。

二日目は、各業界でご活躍中のユーザー様より、ANSYSの活用事例をご発表いただきました。
また主催社からは、最新技術情報やANSYSの使いこなしのテクニックなどをご紹介しました。当日は熱心にメモを取る方が多くおられ、どのセッションも熱気が感じられました。

また、講演会場の前のホワイエには展示コーナーを設け、主催社による製品展示、スポンサー様による製品展示、学生ポスター展示を実施しました。
そのほか、別会場にて体験セミナーも実施し、「最適化解析」「衝撃解析」「疲労解析」という近年注目されているテーマを扱い、80分間じっくり実習いただきました。


懇親会の様子

講演会場の様子

サイバネットシステム展示コーナー。
業界別の解析事例や、ANSYSの最新機能紹介、使いこなしのテクニックなどをパネルで展示しました。
詳細はこちら

スポンサー様による製品展示。
最先端のハードウェア・ソフトウェアを出展いただきました。今年も沢山のお客様がブースに立ち寄られていました。

学生ポスターセッション。
ANSYSを使った研究成果をポスターで発表いただきました。来場者の方の人気投票で優勝者を選定し、優勝校には商品を進呈しました。

ご参加いただいたお客様や事例発表いただいたユーザー様、スポンサー企業様に厚く御礼申し上げます。本イベントが、皆様にとって有益な場となっていれば幸いです。

次回も本年以上の内容をご提供できるよう、努力を続けてまいります。皆さまのご協力とご指導をお願いいたします。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ