ANSYS Convergence (2013) サイバネット製品展示

サイバネット製品展示

最適化や交差解析ツール、体験型マニュアル作成ツール、CAEエンジニアのための理論教育講座など、サイバネットシステムの様々なソリューション・サービスをご紹介しました。

CAEユニバーシティー

ものづくりにおける「ひとづくり」をキーワードにCAEエンジニア育成のための教育プログラムを提供しております。CAEに使われている物理や工学の理論を座学・実験・シミュレーションを通じて身に付け、シミュレーションを有効活用できるエンジニア育成を目指します。
CAEユニバーシティ詳細

3次元公差解析マネジメント

CETOL6σは3次元CAD上で公差解析を行い、適切な公差の設定を行うだけでなく、解析で得られた指標を基に設計の妥当性の確認と見直しを行うことのできるツールです。また、CETOL6σで算出された結果を元に品質に対する重要管理寸法には公差を厳しく、 あまり寄与しない寸法には公差を緩めるといったメリハリをつける事で、安定した品質管理とコスト削減を実現します。ものづくりの国際化に伴い、適正な公差の概念を取り入れたいとお考えの方に最適なツールです。
CETOL6σ 製品詳細
ANSYSとの連携事例

汎用ビジュアライゼーション

「EnSight(エンサイト)」は、通常の可視化機能に限らず、利用者の考察の手助けとなる、豊富な機能を取り揃えたビジュアライゼーションツールです。製品は基本となるEnSightと、EnSightの基本機能に加え並列処理やVR(Virtual Reality)機能が追加された上位版のEnSight Goldがあります。また、より有効に可視化情報を利用していただくための関連ツールも提供しています。
EnSight 製品詳細

体験型マニュアル作成ツール

「epiplex(エピプレックス)」は、CAD/CAEアプリケーションの操作手順をバックグラウンドでデータに記録し、それを元にマニュアルや操作習得のための動的コンテンツを生成します。また実作業環境での操作と連動したヘルプを作成する機能もあり、さらには操作する人間のパフォーマンスを定量的に分析する機能も備えていますので、CAD/CAE業務の効率向上に最適です。

汎用型 最適設計支援ツール

CAEを用いた設計の効率化へのニーズは、近年一層高まっています。限られた時間の中で多くの解析を実行し、品質を高める取り組みはCAEをお使いの方にとって避けられない問題です。本コーナーでご紹介する「Optimus」の自動化・分散処理機能は、解析の効率化を実現し、設計空間の把握、最適化、ロバスト・信頼性機能で品質向上に大きく貢献するソリューションです。CAEを用いた設計を、最先端のツールで更にステップアップさせたい方に最適のツールです。
Optimus 製品詳細
ANSYSとの連携事例

3次元ダイレクトモデラー

SpaceClaim Engineerは、直感的な操作でダイナミックにモデルを作成・編集できる3次元ダイレクトモデラーです。プル・移動・フィル・組合せの4つの基本ツールでほとんどのモデル作成や編集作業が可能なため、従来のツールのように複雑なコマンドを探したり覚える必要はありません。さらに、各種CADとのダイレクトなデータ連携や汎用FEM連成解析ツールANSYSとの高い親和性により、解析のためのモデル修正を行う解析エンジニアに最適なツールです。
SpaceClaim 製品詳細
ANSYSとの連携事例

R&D Navi

特許出願の事前調査を支援するクラウドサービス「R&D Navi」。特許に関する専門知識を持たない開発現場のエンジニアでも容易に自分のアイデアの特許性を判断できるため、発案段階である程度の選別を開発現場で行えます。そのため、最終的に出願判断をする専門部署の負荷を軽減できるので、会社全体での特許出願サイクルの短縮を支援します。
R&D Navi 製品詳細

Cadence OrCADシリーズ

Cadence OrCADシリーズは、回路図エントリーから回路シミュレーション、回路の最適化と信頼性評価、プリント基板設計までを完全に網羅するトータルソリューションです。このシームレスな設計環境を用いることで、プロジェクトの設計フロー全体に渡ってデータのやり取りがスムーズになるため、開発工程を極限まで効率化することができます。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ