2011 Japan ANSYS Conference -Organized by ANSYS Japan & CYBERNET SYSTEMS-

ご挨拶

10月6日(木)、7日(金)、サイバネットシステム株式会社は「2011 Japan ANSYS Conference」をアンシス・ジャパン株式会社と共同で開催いたしました。

会期中は約1400名のお客様にご来場いただき、昨年、一昨年に引き続いて、CAEのイベントとしては国内最大級のものとなりました。ご参加いただいたお客様には、心より御礼申し上げます。

サイバネットシステム 各種ソリューション

サイバネットシステムの展示コーナーでは、「ANSYS 14.0の最新機能紹介」のほか、「液晶タッチパネルの応力解析」や「異方性粘弾性材料構成則の組み込み」など、テーマ別の解析事例をご紹介しました。

ANSYSの並列計算と大規模解析機能
ANSYS Workbenchで行う陽解法落下・衝突解析
Maxwell-ANSYS Mechanicalによる電磁場−伝熱連成解析
稼動時の熱変形を考慮したロバスト光学設計
LED実装部品のリフロー問題 〜流体の影響を考慮した熱応力解析〜
はんだの熱疲労亀裂進展
静止流体要素を用いた液晶タッチパネルの応力解析
錠剤・カプセル開発のための解析事例
回転機械の振動解析 〜ANSYSローターダイナミクス〜
逆解析を用いた実験と解析結果の合わせ込み
異方性粘弾性材料構成則の組み込み
ANSYS Workbenchのカスタマイズ
ANSYS Workbenchで行なう射出成形解析
繊維配向・熱硬化反応・射出圧縮等の考慮
ANSYS Workbenchで行なう音響解析

静止流体要素を用いた液晶タッチパネルの応力解析

こんな方にお勧めします
  • パネルの強度解析で、液晶の影響もきちんと考慮したい。
  • 流体−構造連成解析はむずかしそうだ。もっと簡単な方法はないだろうか?
関連ページ

繊維配向・熱硬化反応・射出圧縮等の考慮

こんな方にお勧めします
  • 繊維配向や熱硬化反応など、樹脂特有の物性を考慮したい。
  • 手間をかけずに詳細な射出成形解析を行いたい。
  • 使い慣れた環境で解析したい。
関連ページ

ANSYS Workbenchのカスタマイズ

こんな方にお勧めします
  • Mechanical APDLの機能をWorkbenchで簡単に使いたい。
  • 操作習得の時間を減らしたい。
  • 繰り返しの多い作業を効率化したい。
関連ページ

錠剤・カプセル開発のための解析事例

こんな方にお勧めします
  • 設計段階で、錠剤やカプセルの強度を予測したい。
  • 実験では把握しづらい、内部の状態を詳しく知りたい。
関連ページ

異方性粘弾性材料構成則の組み込み

こんな方にお勧めします
  • 市販の解析ソフトにない機能を組み込みたいが、方法がわからない。
  • 材料の異方性粘弾性挙動を考慮して解析したい。
関連ページ

ANSYS Workbenchで行う陽解法落下・衝突解析

こんな方にお勧めします
  • 落下・衝突解析を行いたいが、境界条件の設定などが難しそうだ。
  • CADデータを使って、手軽に落下・衝突解析を行いたい。
関連ページ

ANSYSの並列計算と大規模解析機能

こんな方にお勧めします
  • 計算に時間がかかりすぎる。
  • もっと詳細に解析したいが、計算コストがネックだ。
  • ハード環境はこれが限界。他に効率化の方法は?
関連ページ

LED実装部品のリフロー問題

こんな方にお勧めします
  • 炉内の実装部品の温度分布を、もっと詳しく把握したい。
  • リフロー後に起きる不具合の原因を知りたい。
  • 実装試験では十分な情報が得られない。
関連ページ

ANSYS Workbenchで行なう音響解析

こんな方にお勧めします
  • 使いやすい音響解析ソフトを探している。
  • 音響問題を、もっと効率よく解析したい。
  • 音響−構造連成解析の手間がかかりすぎて困っている。
関連ページ

ANSYS Workbenchで行なう射出成形解析

こんな方にお勧めします
  • 射出成形解析を始めたいが、何から手を付けていいかわからない。
  • プラスチック製品の構造解析を、成形過程を考慮する所から始めたい。
関連ページ

逆解析を用いた実験と解析結果の合わせ込み

こんな方にお勧めします
  • 実験と解析結果が合わないが、どこをどう変えたらいいのかわからない。
  • 実験に近い解析結果が出るような、材料物性・境界条件が知りたい。
関連ページ

回転機械の振動解析 〜ANSYSローターダイナミクス〜

こんな方にお勧めします
  • 回転機械の振動解析の精度をもっと向上させたい。
  • 解析モデル作成の手間を減らしたい。
  • 回転機械の解析がしたいが、具体的な方法がわからない。
関連ページ

はんだの熱疲労き裂進展

こんな方にお勧めします
  • 熱対策のために、実験コストがかかりすぎている。
  • 疲労寿命予測をもっと効率化したい。
  • 解析ツールは持っているが、疲労寿命予測の方法がわからない。
関連ページ

稼動時の熱変形を考慮したロバスト光学設計

こんな方にお勧めします
  • 温度ムラによる光学エレメントのゆがみが問題になっている。
  • 稼動時の温度分布をしっかり予測した上で、光学設計を行ないたい。
関連ページ

Maxwell-ANSYS Mechanicalによる電磁場−伝熱連成解析

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ