[ANSYS Workbench対応金属・ポリマー材料データベース CYBERNET Total Materia] よくあるご質問

データベースに搭載されている材料を確認したい

44万種以上の金属材料・ポリマーを網羅しています。
(鉄鋼、アルミニウム、チタン、銅、マグネシウム、錫、亜鉛、ニッケル、コバルト、ポリマー他)
非常に種類が多いため全てではありませんが、以下にJIS規格の材料名の一部を掲載しております。

操作方法のマニュアルはありますか?

以下にて、簡単な使用例を動画でご紹介しています。

また、マニュアルとしては、CYBERNET Total Materiaを起動した際のトップページにあるガイドツアーをご参照ください。

Mechanical APDL環境や他の解析ツールで利用することはできますか?

CYBERNET Total Materiaのデータベース上で各材料の特性を参照できます。
Mechanical APDL環境や他のツールで利用されたい場合は、ご参照いただいた物性値を各ツールに直接入力してください。

データの出典元は確認できますか?

各材料ごとに出典元が記載されております。

年間の保守費用は必要ですか?

本製品は保守はございません。費用は購入時の40万円(税抜き)のみです。

評価利用は可能でしょうか?

申し訳ありませんが評価利用は行っておりません。表記されている材料リストをご確認の上、ご検討ください。

ライセンス形態はどのようなものでしょうか?

以下の2つのインストール条件のどちらかを選択して利用いただきます。1.と2.の併用はできません。

  1. 特定のユーザ1名のみが使用することを条件として、複数のコンピュータにインストールして利用する。
  2. 特定のコンピュータ1台のみにインストールし、同時に1名のユーザのみが使用することを条件として複数名のユーザが利用する。

ソフトウェアを起動するためにUSBのセキュリティーキーが必要です。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ