[回転型モータ設計支援ツール]ANSYS RMxprt

ANSYS RMxprtは各種モータの種類やロータ/ステータ形状、巻線、定格等の仕様をパラメータ入力するだけで簡単にモデル作成が行え、磁気回路法と数値解析法に基づいた高速な計算で、迅速に設計に必要な基本特性を把握することができるモータ設計支援ツールです。

ANSYS RMxprtはモータ設計者にとって馴染んだ用語で表示された項目にパラメータを設定でき、容易に性能分析が可能です。作成したANSYS RMxprtのモデルから、より電磁界現象を高精度に把握できる有限要素解析モデルを自動生成したり、制御応答などシステムレベル設計に利用できる回路シミュレータへの等価回路モデルを自動生成する機能が用意されています。

適用モータの種類

  • 誘導機:単相誘導モータ、三相誘導モータ、二重給電方式誘導発電機(DFIG)
  • 直流機:DCモータ(界磁巻線型、永久磁石型)、ユニバーサルモータ
  • 同期機:永久磁石同期モータ、ブラシレスDC モータ、スイッチトリラクタンスモータ、クローポールオルタネータ、アキシャルギャップモータ、界磁巻線型三相同期モータ、三相非突極性同期モータ、ラインスタート型永久磁石同期モータ

モデル作成

ロータやスロット形状、材料特性、巻線情報および駆動回路などをテンプレートから選択し、必要な情報をプロパティに入力するだけでモデル作成が完成します。高度なCAD操作技術などを必要としません。

デザイン出力と特性分析

入力パラメータに基づき、磁気回路法を用いてモータの諸特性を瞬時に出力します。現在市販のロースペックパソコンでも1回の計算は数秒未満で解析を終了するため、数百パターンのパラメータケーススタディの解析もわずか数分で特性を得ることができます。

有限要素解析モデル、等価回路モデルの自動生成

作成したANSYS RMxprtモデルの入力情報からより電磁界現象を高精度に把握できる有限要素解析(ANSYS Maxwell)の2Dまたは3Dモデルを自動生成したり、制御応答などシステムレベル設計に利用できる回路シミュレータ(ANSYS Simplorer)へ等価回路モデルを自動生成する機能が用意されており、ANSYS RMxprtで作成した設計資産をより高度な設計環境へシームレスに導入できます。

ANSYS Mechanical より抽出したシャフトの振動解析とRBD 連成シミュレーション

適用事例

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ