Multiscale.Sim 6.0リリース情報

2015年6月、Multiscale.Sim 6.0がリリースされました。
今回のバージョンアップの主な項目は、ANSYS16.0への対応、ANSYS Worbench環境への局所化解析機能実装、新しいミクロモデル作成テンプレートの追加、Design Modeler Extensionによるミクロモデル作成テンプレートの実装です。

【Multiscale.Sim 6.0 アップロード先】

【注意事項】
※弊社技術サポートサイトにまだご登録されていないお客様は上記のアドレスからご登録ください。

Multiscale.Sim 6.0の主なバージョンアップ点

ANSYS16.0対応

Multiscale.SimのGUIをANSYSの最新バージョンである16.0にも対応いたしました。 Design ModelerやSpaceClaimの最新のモデリング機能や、ANSYSの最新ソルバーを用いたマルチスケール解析が実行可能になりました。

ANSYS Worbench環境への局所化解析機能実装

これまでMechanical APDL環境のみに対応していた局所化解析機能がWorkbench環境にも実装されました。これによりミクロ⇒マクロ⇒ミクロの一連のマルチスケール解析が実施可能になりました。(ただし、現在はWorkbench環境は線形マクロ解析に対する局所化解析のみ対応)


ANSYS Workbench環境での局所化解析

新しいミクロモデル作成テンプレートの追加

ミクロモデル作成テンプレートを4つ追加いたしました。

  • 綾織モデル            ⇒ Mechanical APDL環境のみ
  • 短繊維分散モデル         ⇒ Design Modeler環境のみ
  • ブレード基材モデル(0/90度配向)  ⇒ Mechanical APDL環境のみ
  • ブレード基材モデル(-45/+45度配向) ⇒ Mechanical APDL環境のみ

新しいミクロモデル作成テンプレート

Design Modeler Extensionによるミクロモデル作成テンプレート

ミクロモデル作成テンプレートがANSYS16.0の最新カスタマイズ機能であるACT(ANSYS Cusomization Toolkit)を用いてDesign Modelerに実装されました。 これによGUIの操作性がより良くなり、かつモデル形状をパラメータ化して解析を実施することも可能になりました。


Design Modeler Extensionによるミクロモデル作成テンプレート

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ