Multiscale.Sim 4.0リリース情報

2012年9月、Multiscale.Sim 4.0がリリースされました。
今回のバージョンアップでは、非線形版へ均質化解析(物性値同定)クリープを新たに追加されました。

【Multiscale.Sim 4.0 アップロード先】

【注意事項】
※弊社技術サポートサイトにまだご登録されていないお客様は上記のアドレスからご登録ください。

プレスリリース: 2012/9/14
マルチスケールCAEツール「Multiscale.Sim」バージョン4.0販売開始のお知らせ
主要な非線形材料特性を全てサポート。
最先端の複合材料を取り入れたシミュレーションを実現可能に!

Multiscale.Sim 4.0 主なバージョンアップ点

非線形版 : 均質化解析(物性値同定) クリープ

クリープ材料試験の結果を元に、クリープの材料物性値を同定する機能を加えました。異方性を考慮できるクリープ材料構成則を実装しているため、様々な非均質性を持つ材料を解析対象とすることができます。
ANSYSには異方性クリープの材料挙動を表現するためにHillポテンシャルに基づく材料構成則が実装されておりますが、材料試験データから材料物性値を決定する(同定と呼びます)機能が実装されておりません。Multiscale.Sim4.0では、材料試験データの取得から材料物性値同定までの一連の流れを全て実行するための環境を提供しております。物性値同定には、最新の最適化アルゴリズムである粒子群最適化(PSO)※を用いることで、特別な技術的ノウハウを有することなく、容易に高精度なカーブフィットができる環境が実現されております。

事例:樹脂とファイバーを配向した複合材料の均質化解析

※2012年10月発行の"CAEのあるものづくりニュース"17号にてご紹介いたします。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ