[疲労解析モジュール]ANSYS Fatigue Module

ANSYS Fatigue モジュールは、ANSYS Workbench上で構造解析を行った後に、寿命や損傷といった疲労評価を行うためのモジュールで、想定された繰返し荷重に対する部品のパフォーマンスをシミュレートします。以下の疲労タイプに対応しています。

  • 一定振幅、比例荷重
  • 非一定振幅、比例荷重
  • 一定振幅、非比例荷重

結果として、疲労寿命・損傷・安全率・2軸指標、疲労感度等を出力します。

機能一覧

ローディング

  • 片振り
  • 両振り
  • 負荷比率
  • 非一定振幅
  • プロポーショナル:一定振幅/非一定振幅
  • 非プロポーショナル:一定振幅

平均応力

  • Goodman
  • Gerber
  • Soderberg
  • 平均応力曲線

結果

  • 寿命
  • 損傷度
  • 安全率
  • 2軸指標
  • 相当繰り返し応力
  • 疲労感度
  • レインフローマトリクス(非一定振幅のみ)
  • 損傷度マトリクス(非一定振幅のみ)

S-N曲線定義

ローディング定義

寿命

レインフローマトリクス

解析事例

解析事例によっては、プロダクト以外の事例も含まれております。

関連セミナー

過去のセミナー講演資料(ご請求)

ANSYS Convergence (Japan ANSYS Conference)
製品開発における疲労強度評価セミナー
〜疲労強度評価の理論から、実験事例、解析手法まで〜

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ