メッシング

メッシュのプレビューと制御

導入して下さる設計者誰でもがちゃんと使えるように・・・という願いで開発されたANSYS DesignSpaceのメッシュ生成は、できる限り自動で使えるような仕組みにしてあり、形状依存型のきれいなメッシュ(スマートサイズメッシュ)が作成され、簡単に全体的なメッシュ(要素)の数をスクロールバーで制御することが可能です。

また、ANSYS DesignSpaceは自動メッシュだけでなく、ユーザー自身がメッシュを細かく制御できます。下の図において左は、メッシュのプレビューを行なったメッシュ形状であり、右は、左を参照し、R形状の部分に対してメッシュサイズを指定した形状になります。

自動六面体メッシュ

ANSYS DesignSpaceでは、中間節点を持つ高次要素を用いており、六面体スウィープメッシュが可能な形状に対しては、自動的に六面体メッシュを作成します。また、このメッシュ形状は四面体に変更することも可能です。

ヘキサドミナントメッシュ(オプション)

スウィープメッシュが不可能なモデルに出来るだけ六面体の要素を生成します。(部分的に、プリズム(五面体)やテトラ(四面体)が混在します。)

アダプティブメッシュ

設計者が安心して利用できるように、繰り返し計算により自動的にメッシュの要素形状を改善し解の精度を上げるアダプティブメッシュ機能が搭載されています。

サーフェスメッシュ

サーフェスメッシュ(シェルメッシュ)へ対応し、三角形・四辺形のシェル要素を作成します。

ビーム要素とシェル要素

ビーム、シェル要素の作成が可能です。下図は、左がANSYS DesignModelerで作成したモデルで、右がANSYS DesignSpaceで解析したモデルです。

詳細リンク

メッシング
解析機能
アセンブリ接触
結果評価&自動レポート作成
上位プロダクトへの拡張性

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ