ソルバーテクノロジー

連成マルチグリッドリニアソルバ技術(連成AMGソルバー)を採用しており、精度、ロバスト性、速度、スケーラビリティに優れた高いソルバー性能が得られます。

分離型解法と連成解法

各種方程式のカップリングに連成解法を採用しております。
一般に広く採用されている分離型解法と異なり、各場の位相差が発生せず、ロバスト性、計算精度、速度において高いソルバー性能を発揮します。

マルチグリッド手法

ダイナミックAMG(Algebraic Multi Grid)手法を採用しております。
連成解法にこの手法を組み合わせることで、さらに計算の効率化が促進され、解の収束が加速されます。

問題規模に対するスケーラビリティ

連成AMGソルバーは高いスケーラビリティ特性を発揮します。

モデル規模と計算時間の関係

分離解法型ソルバーでは、モデル規模増大により、「自由度の増加」、「収束に必要なイタレーションの増加」の2つの要因から計算時間が指数関数的に増加しますが、連成AMGソルバーはモデル規模に関わらず同様の収束性を示すため、計算時間は線形で増加します。

詳細リンク

ソルバーテクノロジー
解析作業の流れ
FSI解析
並列処理
カスタマイズ機能
結果表示

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ