ANSYS 17.0の特長

機能ハイライト

熱流体解析

GUIの改善による操作性向上

ANSYS® Fluent®

GUIにリボンタブが搭載され、初めてお使いの方でもスムーズに操作いただけるようになりました。従来より少ないマウスクリック数で操作が可能になったため、既にFluentをお使いのユーザー様も、作業効率の改善が期待できます。

メッシング機能の改善

ANSYS Fluent

メッシングモード(Fluent Meshing)では、新しいファセッティング機能によって、CADモデルの忠実度の調節を行えるようになりました。対話型のプリミティブ構築ツールによってモデル化時間も短縮できます。

インターフェースメッシュのロバスト性向上

ANSYS Fluent

インターフェースのメッシュが不連続な場合のロバスト性が改善され、さらに信頼性の高い解析が可能になりました。このため複雑な形状のメッシング工程が簡素化され、より迅速な設計最適化が可能となりました。

解析の高速化

ANSYS Fluent

ANSYS Fluentは、シミュレーションの世界記録を塗り替え続け、90%の効率で12.9万基の演算コアへのスケールアップを行うことに成功しています。この優れたスケーラビリティによって、最大規模のシミュレーションであっても、素早く、タイムリーに結果を得ることができます。低品質なメッシュしか利用できない場合であっても、高品質な解析と高速な処理を実現できます。
別の物理現象が存在する場合のような、移動変形メッシュを使用する特定の事例では、処理時間が大幅に短縮されます。たとえば、クランクケース潤滑では85%の、筒内燃焼では55%の高速化を実現できます。

オーバーセットメッシュ機能の実装

ANSYS Fluent

ANSYS Fluentにオーバーセットメッシュ機能が実装されました。オーバーセットメッシュ機能を使用することで、今までメッシングの制約からモデル化が困難だった解析も可能になります。

Fluent 17.0では、 Pressure Based coupled solver、定常(Pseudo transient method)/非定常解析(固定メッシュ)、3D/2Dのメッシュ、非圧縮性流体、単相流または混相流のVOF、熱伝達、乱流モデル(k-ε , standard k-ω )などの物理モデルでオーバーセットメッシュ機能がサポートされています。

解析結果の品質改善

ANSYS Fluent

幅広い事例でシミュレーションの結果品質を向上させるため、Fluentに数多くのモデルと機能が追加されました。
特に、反応流れ、応力−BSL乱流モデル、空力振動音響の分野で大きな進歩が実現されました。
Warped-Face Gradient Correctionにより、湾曲面のある事例の収束性と結果品質も向上しました。
アジョイント設計ツールについても、回転・並進・拡大縮小の指定、境界面、制約条件チェックの機能を利用できるようになり、より幅広い形状について最適化を行えるようになりました。

アジョイントソルバーは、定義された空間に合わせて最適な結果を生成できるようになりました。右図では、インポートしたメッシュで定義された複雑な境界面の中に、吸気口と排気口の位置が固定されているダクトを収めながら形状最適化を行っています。

ターボ機械のためのシミュレーションモデル

燃焼

ANSYS Fluent

メモリ効率とデータ処理の改善により、Fluentにおける燃焼モデリングの高速性とロバスト性が大幅に向上しました。

CHEMKINのすべての反応機構のサポート、FGMモデル、煤煙モデリングの拡張、オイラー液膜機能、気化過程など、様々な物理現象のモデリングが改善され、反応流れの精度が向上しました。スケール解像乱流モデルも強化され、燃焼などの流体流れについて、より忠実度の高い結果を生成できるようになりました。

翼列モデリング

ANSYS® CFX®

共役伝熱を伴うものを含む、多段(マルチステージ)非定常翼列の事例に対するフーリエ変換法と時間変換法による解析を行うことができます。ホイール全体を計算対象とする代わりに、翼列1つにつき1つの翼について計算を行えばよく、大幅に少ない演算リソースで、10倍以上高速な解析を実現できます。

(上流・下流の両方からの擾乱のある噴流のような)多擾乱流れや、(横風の中に置かれたファンや案内羽根無し渦巻き室の中のインペラのような)多周期非対称流れに対するフーリエ変換法による解析を行えるようになりました。

航空力学シミュレーションの拡張により、多段、多外乱、多周波非対称流れの強制応答解析が可能となりました。数値計算も強化され、翼のフラッタについてのより高精度なシミュレーションを行えるようになりました。

非定常アニメーション作成機能の改善

ANSYS CFD-Post

ANSYS CFD-Postに、新しい非定常アニメーション作成機能「Timestep Animation」が追加されました。
アニメーションの開始時間/ステップおよび終了時間/ステップを指定するだけでアニメーション作成ができるようになりました。

ANSYSの特長トップにもどる

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ