ANSYS 17.0の特長

電磁界解析

10x アンテナ・ワイヤレスシステムのための設計フロー

ANSYSのアンテナ・ワイヤレスシステム設計フローには大きな優位性があります。アンテナの設計・実装、特許出願中の設計データ隠蔽・暗号化機能による3Dコンポーネントの暗号化、新しい高周波ソルバーによるアンテナ配置とRFI(無線周波数干渉)の診断など、数々の強力な新機能によって、ワイヤレス設計フローのハイレベルな自動化と共同作業を実現できます。

詳細

IoT(Internet of Things: モノのインターネット)、ウェアラブルデバイス、5G(第5世代モバイル通信)、無人航空機(UAV)、自動車用レーダーなど、RF、ワイヤレス通信の極めて高い統合が要求される製品分野が現れています。ANSYSのアンテナ・ワイヤレスシステム設計フローのシミュレーション機能を利用すると、最適化された信頼性の高いシステムを10倍高速に作成できます。

ANSYS HFSSでは、新しい自動的なアンテナ設計ワークフローの採用により、アンテナ設計の効率的な設計・解析を行えるようになりました。アンテナについての専門知識のないエンジニアであっても、最適な設計と電子機器への実装を行うことができます。
アンテナ・ワイヤレスシステムでは、「3Dコンポーネントの隠蔽・暗号化」が新たなパラダイムとなっています。ANSYS HFSSの3Dコンポーネント機能では、モデリングツールで作成した部品ライブラリを利用して、アセンブリを素早く作成し、暗号化によって形状、材料、その他の重要なIPなどの設計情報を隠蔽し、サプライチェーン全体でコンポーネントを共有できます。そのため、そのコンポーネント(サプライヤから供給されるアンテナなど)と他の部品や電子機器との間の電磁干渉を把握することが可能となります。この特許出願中の機能によって、設計工程の迅速化と、より優れた共同作業性を実現しつつ、システム設計の信頼性を10倍に高めることができます。

ANSYSのアンテナ・ワイヤレス設計フローには、機器への実装状態のアンテナ解析を可能にする画期的な新技術が取り入れられています。HFSSでは、SBR(Shooting and Bouncing Ray)法に基づく強力な電磁界ソルバー、ANSYS HFSS-Savantを利用して、電気的に巨大な構造物(従来は巨大すぎて解析できないと見なされていた構造物)に配置されたアンテナの性能を予測することができます。HFSSで作成したアンテナ解析結果をSavantに渡し、電気的に巨大な構造物上に配置して高速に解析を行うことができます。この2つの製品を組み合わせることによって、電子機器への実装状態の評価と構造体内の最適なアンテナ配置検討を実現できます。

ワイヤレスデバイス数が急増しているにもかかわらず、利用可能な電波帯域は限られているため、通信システム間の干渉が発生し、近隣のシステムの性能に影響を及ぼしがちになっています。ANSYSでは、RF機能の1つとして、無線送信・受信装置間のRFコサイト(co-site)干渉やEMI干渉を予測する業界トップのソフトウェア、EMITが新たに採用されています。

アンテナ・ワイヤレスシステム:
HFSSで航空機アンテナ全体のハイブリッド解析を行い、RCSを確認することが可能

HFSS 3Dコンポーネントの暗号化:
RF回路基板に各コンポーネントを搭載

ANSYSの特長トップにもどる

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ