圧電解析

解析機能

  • 静的解析
  • モーダル解析
    • 共振周波数の算出
    • 反共振周波数の算出
  • 周波数応答解析
    • インピーダンス/アドミッタンスの算出
    • 周波数応答グラフの出力
  • 時刻歴応答解析
圧電解析操作支援ウィザードを活用することで、圧電解析に必要な一連のANSYSコマンドを自動的に挿入することにより、Workbench環境にて圧電解析を可能にしました。

適用事例

圧電解析による超音波ホーン振動解析

超音波ホーンは使用される周波数において正しく共振するように設計する必要があります。この事例では超音波振動子(ピエゾ 圧電素子)に予荷重をかけたうえで調和電圧を負荷して振動させ、どの周波数で最良の共振状態が得られるかを解析しています。
「圧電解析による超音波ホーン振動解析」の詳細

SAWデバイスの圧電解析

SAWデバイスは圧電基板上に櫛型電極が形成され、表面を伝搬する弾性表面波を利用して特定の周波数の電気信号を取り出すフィルタです。ANSYSの圧電解析機能を利用しSAWデバイスの周波数特性をシミュレートします。
「SAWデバイスの圧電解析」の詳細

圧電アクチュエータのインピーダンス特性の圧電解析

バイモルフ型方持ち構造の圧電アクチュエータに対して AC 駆動した際の周波数 vs インピーダンス特性をシミュレーションし、圧電アクチュエータの重要な特性である共振・反共振周波数特性を求めています。
「圧電アクチュエータのインピーダンス特性の圧電解析」の詳細

圧電ジャイロの周波数応答解析

コリオリ力を利用した圧電ジャイロのシミュレーション事例です。右図の様に回転速度を与えた状態で圧電駆動によって面内方向で振動させます。
「圧電ジャイロの周波数応答解析」の詳細

超音波モーターの構造-圧電連成解析

超音波モータは圧電駆動による振動と接触時に生じる摩擦力を利用してロータを回転させる摩擦駆動型アクチュエータである。ステータの曲げモードに合わせて圧電体に交流電圧を印加し、進行波を生じさせる解析を行っています。
「超音波モーターの構造-圧電連成解析」の詳細

 

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ