CAE用語辞典低次要素 (ていじようそ) 【 英訳: lower order element 】

低次要素とは、要素の角にだけ節点を持つ要素のことです。
1次要素とも呼ばれます。

低次要素は同じ要素数であれば高次要素に比べて節点数が少なく、計算コストを抑えられます。ただし、構造解析では高次要素に比べて精度が劣るほか、せん断ロッキングなどの問題があることから、高次要素が用いられるケースが多いです。
一方、伝熱解析では高次要素とそれほど精度に差が無いため、低次要素もよく用いられます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは低次要素の作成に対応しています。

関連用語

せん断ロッキング高次要素


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ