CAE用語辞典体積ひずみ (たいせきひずみ) 【 英訳: volumetric strain 】

体積ひずみとは、ひずみのうち体積変形に関わるひずみです。体積変化を元の体積で除したものとして定義されます。

簡単な例で、体積ひずみの計算方法を示します。(ここではX,Y,Zの各軸は変形の主方向に一致しているとします。また、変形は微小であるとします。)

下図のような直方体があったとして、元の体積をV1、変形後(破線)の体積をV2とします。元の体積と変形後の体積の比V2/V1は以下のようになります。

直方体の各方向のひずみを以下のように定義します。

(式3)を(式2)に代入します。

微小ひずみを仮定すると、εxεy以降の項は微小なため無視できます。

(式1)に(式5)を代入すると以下のようになります。

なお、大ひずみを仮定した場合は上記のように単純に計算できないため、体積ひずみの計算にヤコビアンが用いられます。ヤコビアンについては関連用語をご覧ください。

関連用語

偏差ひずみひずみの不変量ヤコビアン


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ