CAE用語辞典 双方向連成 (そうほうこうれんせい) 【 英訳: two-way coupling 】

双方向連成とは、シーケンシャル法の手法の1つで、複数の場で双方向にデータをやり取りする連成解析のことです。 (ダイレクト法の荷重ベクトル連成も内部的に双方向連成を行なっています)
たとえば流体−構造連成解析では、流体→構造へ圧力データを渡し、また構造→流体へ変形データを渡します。流れの圧力により構造物が変形し、変形により流れ場が変わるといった、相互の影響を考慮できます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは片方向連成、双方向連成ともに対応しています。
  • 構造、熱流体、電磁場、圧電 音響など、多くの場の連成解析に対応しています。

関連用語

連成解析片方向連成強連成弱連成


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ