CAE用語辞典ソリッド要素 (そりっどようそ) 【 英訳: solid element 】

ソリッド要素とは、3次元の立体形状をした要素のことです。
3次元CADデータをそのまま活用してメッシュ作成できるため、CAEでは最も多く利用されています。
ソリッド要素には、六面体(ヘキサ)、四面体(テトラ)、ピラミッド、三角柱(プリズム)などの形状があります。

一般的には六面体および四面体要素がよく使われます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは六面体/四面体/ピラミッド/三角柱要素に対応しています。
  • ANSYSでは二次元四角形/三角形要素を平面ソリッド要素として分類しています。

関連用語

シェル要素ビーム要素


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ