CAE用語辞典 ゼーベック効果 (ぜーべっくこうか) 【 英訳: Seebeck effect 】

ゼーベック効果とは、熱電材料に温度差を与えると、電圧(ゼーベックEMF)に直接変換される現象のことです。熱電効果の一種です。
熱電対などはこれを利用したものです。
生じる電圧は温度差に比例します。この比例係数はゼーベック係数と呼ばれています。

CAEでゼーベック効果を取り扱うには、電気と熱の両方を一緒に計算する必要があるため、一般に連成解析(強連成)となります。

一般的に使用される単位

  • ゼーベック係数の単位は、SI単位系ではV/K(ボルト毎ケルビン)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSではゼーベック係数はSBKXと略して表記されることがあります。
  • 異方性の場合、X方向:SBKX、Y方向:SBKY、Z方向:SBKZとなります。

関連用語

ジュール熱ペルチェ効果トムソン効果強連成連成解析


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ