CAE用語辞典 流体-構造連成解析 (りゅうたいこうぞうれんせいかいせき) 【 英訳: fluid structure interaction (略してFSIと呼ばれることがあります) 】

流体−構造連成解析は、流体と構造の相互作用を含む解析のことです。
略してFSIと呼ばれることがあります。

一般的に、流体解析と構造解析で異なるソルバーを用いることが多いため、流体と構造を別々に解析するシーケンシャル法が一般的に用いられます。
流体→構造(または構造→流体)の一方通行でデータを渡す片方向連成解析と、流体→構造と構造→流体の双方向でデータをやり取りする双方向連成解析があります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは双方向連成、片方向連成ともに対応しています。

関連用語

連成解析双方向連成片方向連成


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ