CAE用語辞典 応力強さ (おうりょくつよさ) 【 英訳: stress intensity 】

応力強さσintは、「σ12」「σ23」、「σ31」のそれぞれの絶対値の最大値として定義され、以下の式で表されます。

応力強さσintはトレスカの応力σTrescaとも呼ばれます。
ミーゼス応力(相当応力)と同様に、延性材料の降伏条件としてしばしば利用されます。

また、最大せん断応力τmaxと以下の関係があります。

応力強さ(トレスカ応力)は、σint=σy(定数)として主応力空間で図示すると、σ1=σ2=σ3を中心軸とする半径σyの円筒に内接する六角柱表面になりますが、これは塑性材料におけるトレスカの降伏条件を表しています。

一般的に使用される単位

  • 応力は、SI単位では Pa(パスカル)
  • 長さをミリメートルとした場合 MPa(メガパスカル)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYS では応力強さを SINT と略して表記することがあります。

関連用語

最大せん断応力ミーゼス応力主応力


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ