CAE用語辞典応力-ひずみ曲線 (おうりょくひずみきょくせん) 【 英訳: Stress-Strain Curve 】

応力-ひずみ曲線とは、一般には材料の単軸引張試験時に測定した応力とひずみを、横軸=ひずみ、縦軸=応力をとって描いたグラフのことを指します。
略して S-S Curve(S-S曲線)と呼ばれることが多いです。

以下、塑性材料を例にとって説明します。

一般には応力-ひずみ曲線は公称応力・公称ひずみ(工学応力・工学ひずみ)で作成されます。
CAEで大ひずみを伴う解析では、真応力・真ひずみで作成した応力-ひずみ曲線を利用します。

CAEで応力-ひずみ曲線を入力するには主に以下の二種類の方法が使われます。

  1. 二直線近似塑性
    降伏点以降を一本の直線で表す方法です。
  2. 多直線近似塑性
    降伏点以降を複数の直線で表す方法です。

一般的に使用される単位

  • SI単位系では応力はPa(パスカル)
  • 長さの単位をミリメートルとした場合はMPa(メガパスカル)
  • ひずみは無次元量のため単位はありません。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSで塑性材料を利用するときは、多直線近似塑性または二直線近似塑性で入力するのが一般的です。

関連用語

公称ひずみ公称応力真ひずみ真応力塑性多直線近似塑性弾塑性二直線近似塑性材料非線形


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ