CAE用語辞典 ヌセルト数 (ぬせるとすう) 【 英訳: Nusselt number 】

ヌセルト数とは、対流する流体の熱伝導と熱伝達の比を表した無次元数です。
一般に記号Nuが用いられます。

対流が生じていなければNu=1となります。

ヌセルト数は対流による熱伝達性能(放熱性能など)を評価する際に用いられ、ヌセルト数が大きいほど、対流による熱輸送効果が高いことを示します。

自然対流の場合は、レイリー数と関連付けられており、強制対流の場合は、レイノルズ数、プラントル数と関連付けられていることが多いです。

平板や円筒、直方体など、簡単な形状の場合は、経験式から算出可能です。

一般的に使用される単位

  • 無次元数のため単位はありません。

関連用語

レイノルズ数レイリー数プラントル数


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ