CAE用語辞典 マルチフィジックス (まるちふぃじっくす) 【 英訳: multiphysics 】

マルチフィジックスとは、異なる場を組み合わせて解析することを指します。
連成解析とほぼ同義です。

現実世界では複数の物理現象が同時に作用しています。これらを切り離して解析すると、挙動を正確に予測できない可能性があります。
マルチフィジックス解析では、複数の物理現象を組み合わせて考慮することで、現象をより正確に捉えることができます。

マルチフィジックス解析が必要となる例には

  • 圧力容器(伝熱−構造)
  • 誘導加熱(磁場−伝熱)
  • 超音波モータ(電場−構造) ※圧電解析
  • 溶接(電流−伝熱−構造)
  • 位置検出器(磁場−構造)
  • 流体容器(流体−構造)

などがあります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSはマルチフィジックス解析に対応しています。

関連用語

連成解析


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ