CAE用語辞典 密度 (みつど) 【 英訳: density 】

密度とは、単位体積あたりの質量です。
CAEで入力する材料物性の1つです。

CAEでは、解析内容によっては密度の入力を必要としません。

【密度の入力を必要としない代表的な例】

  • 静的構造解析(慣性力が必要なケースを除く)
  • 定常伝熱解析
  • 電磁場解析

【密度の入力が必要となる代表的な例】

  • 動的構造解析
  • 過渡伝熱解析
  • 流体解析
  • 音響解析

一般的に使用される単位

  • SI単位系ではkg/m3(キログラム/立方メートル)
  • 長さの単位をミリメートルとした場合、下記の理由によりtonne/mm3(トン/立方ミリメートル)がよく使用されます。
  • tonne(トン)のかわりにMg(メガグラム)と表現されることもあります。

ニュートンの第二法則より、力F[N]、質量m[kg]、加速度a[m/s2]:の関係は以下のように表されます。(分かりやすくするため単位系を付記しました)

ここで力の単位を[N]としたまま、長さの単位をミリメートルにすることを考えます。
加速度aの単位が[mm/s2]となるため、上式は以下のようになります。

質量mの単位を[kg]の1000倍である[tonne](トン)に変更することで、力の単位を[N]としたまま、長さの単位をミリメートルにできます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYS Workbench環境では、単位系の変換は自動的に行なわれます。

関連用語

重力加速度加速度


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ