CAE用語辞典摩擦 (まさつ) 【 英訳: friction 】

摩擦とは、接触して相対的に運動する二物体間に働く力のうち、接線方向に働く力のことです。

CAEでは一般にクーロン摩擦が用いられます。
クーロン摩擦では、垂直抗力をN、摩擦係数をμとすると、摩擦力Fが以下の関係式で表されるとします。

物体(の接線方向)に働く力がFを超えると滑り出すと考えます。

CAEでは、垂直抗力の代わりに法線方向の接触圧Pと限界摩擦応力τlimを用いて次式で表現します。

接触面間のせん断応力がτlimを超えると滑り出すとします。

摩擦の解析では、摩擦接触を適切に設定すると共に、摩擦係数μを明示的に指定する必要があります。
詳しくは「摩擦係数」の項目をご覧ください。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSではクーロン摩擦を取り扱えます。

関連用語

摩擦係数


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ