CAE用語辞典LES (えるいーえす) 【 英訳: LES(Large Eddy Simulation) 】

LESとは乱流モデルのひとつで、Large Eddy Simulationの頭文字をとったものです。空間平均モデルと訳されます。
LESは流体の運動方程式であるナビエストークス方程式を空間的に平均化して解く手法で、メッシュより大きな渦は直接計算され、小さな渦は乱流モデルでその影響を表現します。

LESはDNSよりは解析コストが低くなりますが、三次元での非定常解析が前提となるため、実際に解析するには大規模な解析環境が必要となります。
LESでは時間的な平均化を行わないため、流れ場の時間的な変化(非定常性)を確認したい場合に使用します。剥離流れや旋回流の解析にも適しています。

LESを用いた流体解析の結果例

バックステップ流れ(剥離流れ)
バックステップ流れ(剥離流れ)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYS CFX、ANSYS Fluentで非定常解析を行う際に使用可能です。

関連用語

乱流モデルDNSRANS


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ