CAE用語辞典 ラグランジェ乗数法 (らぐらんじぇじょうすうほう) 【 英訳: Normal Lagrange 】

ラグランジェ乗数法とは、接触解析の定式化の一つで、接触面に接触表面力という特別な自由度を追加する方法です。
この手法は、物体間の食い込みをゼロにできるため精度的には優れますが、計算が不安定になりやすいデメリットがあります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSではペナルティ法、ラグランジェ乗数法のどちらとも利用できます。
  • ANSYSではペナルティ法の安定した計算と食い込み量の低減を両立した「拡大ラグランジェ法」の利用が推奨されています。

関連用語

接触ペナルティ法


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ