CAE用語辞典 境界要素法 (きょうかいようそほう) 【 英訳: boundary element method / 略してBEM(ベム)と呼ばれることがあります 】

境界要素法とは、解析対象物の表面にメッシュを作成して計算する手法です。
(計算手法の詳細は専門書をご覧ください)

解析領域内のメッシュを作成する必要が無いため、広い空間における波動伝播問題が得意とされ、音響解析や電磁界解析などによく用いられます。


境界要素法を用いた音響解析例(音響解析ソフトWAON利用)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSの電磁場解析ソフトには、境界要素法を用いるものがあります。詳しくはお問い合わせください。ANSYS製品の資料・カタログ請求、各種お問い合わせ
  • また、ANSYSにアドインして利用できる音響解析ソフトWAONは、高速多重極境界要素法(FEBEM)を用いています。

関連用語

有限要素法有限差分法有限体積法


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ