CAE用語辞典 形状関数 (けいじょうかんすう) 【 英訳: shape function 】

形状関数とは、有限要素法において要素内の変位や位置を補間する関数です。(アイソパラメトリック要素の場合)

要素内の変位分布の計算を行なう際や、積分点で求めた応力値を節点に外挿する際などに利用されます。
要素タイプにより形状関数は異なります。

ANSYSにおける取扱い

  • 形状関数はANSYSヘルプのエレメントリファレンスに記載されています。

関連用語

有限要素法積分点アイソパラメトリック要素


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ