CAE用語辞典 仮想仕事の原理 (かそうしごとのげんり) 【 英訳: principle of virtual work 】

仮想仕事の原理とは、負荷された荷重による外部仕事と内部仕事(ひずみエネルギ)の仮想変化が等しいことと、釣り合い状態であることが等価であるということです。
この原理に基づき、様々な要素定式化が行なわれています。

関連用語

真応力


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ