CAE用語辞典 ジュール熱 (じゅーるねつ) 【 英訳: Joule heat 】

ジュール熱とは、導体(電気抵抗率を持つ物質)に電流を流して発生する熱のことです。熱電効果の一種です。
加熱コイルやヒューズなどは、ジュール熱を利用したものです。
ジュール熱は電流の二乗に比例し、電流の向きには無関係です。

CAEでジュール熱の発生と伝わりを取り扱うには、電気と熱の両方を一緒に計算する必要があるため、一般に連成解析となります。

以下の解析例では、導体内に流れる電流による発熱と、それによる熱伝導の計算を同時に行っています。(電気−伝熱連成解析)

電流密度ベクトル図
電流密度ベクトル図

温度コンタ図
温度コンタ図

一般的に使用される単位

  • SI単位系では J(ジュール)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは連成場要素を利用して、ジュール熱の解析を行なえます。
  • ジュール熱の解析を行なうには電気抵抗率の入力が必要です。

関連用語

ゼーベック効果ペルチェ効果トムソン効果双方向連成連成解析


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ