CAE用語辞典 弱連成 (じゃくれんせい) 【 英訳: weak coupling 】

弱連成とは、複数の場を別々に計算する連成解析(シーケンシャル法)、もしくはダイレクト法の荷重ベクトル連成(非対角項を持たない方程式による連成解析)のことです。

荷重ベクトル連成の一般的な方程式は以下の形で表されます。

連成効果は、[K22] および {F2} の {X1} への依存のほかに、[K11] および {F1} の {X2} への依存により考慮されます。

荷重ベクトル連成解析例(ペルチェクーラー)
※注意:ゼーベック効果を考慮する場合は強連成になります。

 

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは弱連成、強連成ともに対応しています。
  • 構造、熱流体、電磁場、圧電 音響など、多くの場の連成解析に対応しています。

関連用語

連成解析双方向連成片方向連成強連成


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ