CAE用語辞典移動硬化則 (いどうこうかそく) 【 英訳: kinematic hardening rule 】

移動硬化則とは、降伏曲面の形状は変わらずに、中心位置が硬化と共に移動する硬化則のことです。
移動硬化は金属に対する周期荷重で観測され、バウシンガー効果などの挙動のモデル化に使用されます。

引張と圧縮のサイクル負荷を受ける材料の応力−ひずみ挙動は、下図のように表されます。
移動硬化則では、引張時に降伏応力が増加した分だけ、圧縮時の降伏応力は減少します。その結果、両者の降伏応力間の差は常に2σyとなります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは移動硬化則、等方硬化則、非線形移動硬化則(Chaboche モデル)などの各種硬化則を取り扱えます。

関連用語

硬化則等方硬化則、 複合硬化則、 塑性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ