CAE用語辞典ひずみエネルギー密度関数 (ひずみえねるぎーみつどかんすう) 【 英訳: strain-energy density function 】

ひずみエネルギー密度関数とは、与えられたひずみ量に対応する応力を関連付ける関数です。
超弾性材料(ゴム材料など)の解析で使用されます。
弾性ポテンシャル関数(elastic potential function)とも呼ばれます。

ひずみエネルギー密度関数には様々な種類があり、代表的なものとしてNeo-Hookean、Mooney-Rivlin、Yeoh、Ogdenなどがあります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSではNeo-Hookean、Mooney-Rivlin、Yeoh、Ogden等のひずみエネルギー密度関数を使用できます。
  • また、これら関数の定数を材料試験データから算出するカーブフィッティング機能を搭載しています。

関連用語

Mooney-RivlinMullins効果Neo-HookeanOgdenYeoh第2種Piola-Kirchoff応力グリーン・ラグランジェひずみ超弾性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ