CAE用語辞典平均自由行程 (へいきんじゆうこうてい) 【 英訳: Mean free path 】

平均自由行程とは、平均自由行路とも呼ばれ、分子や電子などの粒子が、ほかの粒子と衝突することなく進むことのできる距離(自由行程)の平均値のことを言います。

流体解析においては、流れ場を連続体として扱えるかどうかを判定するクヌッセン数(以下式)を計算する際に使用されます。

圧力が小さくなるほど平均自由行程は大きくなるため、クヌッセン数も大きくなります(流体を連続体としては扱えなくなります)。

一般的に使用される単位

  • SI単位系ではm(メートル)

関連用語

クヌッセン数連続体


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ