CAE用語辞典 大ポアソン比 (だいぽあそんひ) 【 英訳: major Poisson's ratio 】

直交異方性材料ではXY平面のポアソン比をνxyと定義するか、νyxと定義するかで2通りの記述法があり、前者を大ポアソン比(メジャーポアソン比)、後者を小ポアソン比(マイナーポアソン比)と呼びます。これは、一般的にνyxよりνxyの方が大きいためです。

三次元の場合に一般化して定義するならば、直交異方性材料のXY平面、YZ平面、XZ平面のポアソン比を、どちらの座標軸の方向を基に算出したかという違いになります。

一般的に使用される単位

  • ポアソン比は単位のない無次元数です。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは直交異方性材料の場合、大ポアソン比はXY方向:PRXY、YZ方向:PRYZ、XZ方向:PRXZと略して表記されることがあります。
  • 小ポアソン比はXY方向:NUXY、YZ方向:NUYZ、XZ方向:NUXZとなります。
  • ANSYSでは0.5以上、および-1.0以下のポアソン比は入力できません。

関連用語

ポアソン比小ポアソン比


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ