CAE用語辞典大ひずみ (だいひずみ) 【 英訳: large strain 】

大ひずみとは、工学ひずみ (応力を発生させるひずみ) が大きい場合に考慮する幾何学的非線形機能です。
通常は、構造非線形解析で大回転機能や材料非線形と共に使用されます。

要素の形状(面積、厚さなど)が変化すると、個々の要素の剛性は変化します。下図 の例では、要素が伸びて細くなるに従い、引張方向の剛性が低下していきます。
この現象による剛性変化の影響を考慮するのが、大ひずみ機能です。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは大変形オプションに大ひずみ効果が含まれます。(一部の要素タイプを除く)

関連用語

ストレススティフニング大回転大変形


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ