CAE用語辞典超弾性 (ちょうだんせい) 【 英訳: hyper elastic 】

超弾性とは、エラストマあるいはフォーム材料の挙動をあらわす材料モデルです。一般的にはゴム材料で利用されます。

ゴム材料は優れた柔軟性および大きな変形を特徴とし、応力-ひずみの関係が非線形です。また、非圧縮性であり、静水圧応力に対してほとんど体積変形しません。
そのため、ひずみエネルギ密度関数という特別な定式化を使用して、材料特性を表現しています。

ゴム材料の解析は、大変形と材料非線形の考慮が必須であることに加え、通常は他のパーツとの接触を伴うため、非線形性の強い難易度の高い解析になります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは超弾性材料の解析に対応しています。
  • また、実験データからひずみエネルギ密度関数を算出するカーブフィッティング機能を搭載しています。

関連用語

Mooney-RivlinMullins効果Neo-HookeanOgdenYeohひずみエネルギー密度関数


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ