CAE用語辞典 直交座標系 (ちょっこうざひょうけい) 【 英訳: cartesian coordinate system 】

直交座標系とは、x,y,zの座標軸で位置を表す座標系です。3次元空間で最もよく使われます。
デカルト座標系、直角座標系とも呼ばれます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSのデフォルトの座標系は全体直交座標系になります。

関連用語

円筒座標系極座標系


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ