CAE用語辞典 圧力 (あつりょく) 【 英訳: pressure 】

圧力とは、単位面積あたりにかかる力のことです。
面の面積をA[m2]、面にかかる力をF[N]とすると、圧力P[Pa]は次の式で求められます。

構造解析では、構造物のある特定の面(2次元解析ではエッジ)に対して、圧力荷重を負荷して、構造物の変形や発生する応力を観察する解析がよく行なわれています。

圧力は面(要素面)に対して負荷しますが、CAEソフトは内部的に節点に対する力荷重に分配・換算して計算を行なっています。

面の法線方向に対して力荷重を定義した場合、一見すると力荷重を面積で割って圧力荷重として定義した場合と等価であるように思われますが、変形の追従に関する取扱いが異なります。

力荷重は最初に定義した方向に負荷され続けます。一方、圧力荷重は常に面直にかかるため変形に追従して荷重の方向が変化します。

一般的に使用される単位

  • SI単位系ではPa(パスカル)
    1Pa = 1N/m2
  • 長さの単位をミリメートルとしたときはMPa(メガパスカル)
    1MPa = 1N/mm2

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは圧力は PRES と略して表記することがあります。

関連用語

力荷重


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ