製品全般に関するご質問

ANSYSアカデミック版では、どんなことができるのですか?

ANSYSのアカデミック版は、ANSYSの様々なツールをまとめてパックにした製品です。
1つのパッケージで、構造、伝熱、磁場、流体、音響などの解析機能の他、モデル作成や最適化、大規模モデルのメッシングも行えます。
詳細はANSYSアカデミック版のラインナップをご覧ください。

ANSYSとは別に、プリプロセッサ、ポストプロセッサを買う必要はありますか?

ANSYSには、プリプロセッサ、ソルバー、ポストプロセッサが一体となって提供されていますので、基本的に必要ありません。

ANSYS Mechanical APDL環境と、ANSYS Workbenchの違いは?

ANSYSは、解析専任者向けの「ANSYS Mechanical APDL(旧Classic)環境」と、設計者向けの「ANSYS Workbench操作環境」の2種類の環境をご用意しています。
ANSYSのアカデミック版にはどちらも標準で装備されていますので、用途に合わせてお選びください。

ANSYS Mechanical APDL環境とANSYS Workbench操作環境では、どちらがお勧めですか?

ご利用の目的によって異なります。
ANSYS Mechanical APDL(旧Classic)環境は、解析専任者の方に多く使われている環境であり、より高度な解析が利用できます。
また、有限要素法解析に必要な項目を一つ一つ入力していく必要があります。操作方法の習得には若干時間がかかりますが、有限要素法をしくみから理解させたい場合に有効です。
さらに、モデル作成からメッシング、解析、ポスト処理までの作業を、すべて同一の画面で行うことができます。3次元CAD等、他のツールを必要としません。

一方、ANSYS Workbench操作環境は、3次元CADで作成したモデルを使って解析を行います。様々な3次元CADとのインターフェースがあるため、CADと併用しての設計教育に適しています。
(ANSYSのアカデミック版には、モデル作成ツール「ANSYS DesignModeler」が標準装備されています。3次元CADをお持ちでない場合にご利用ください。)
メッシュ作成など、一般的に難しいと言われている作業はほとんど自動で行いますので、短期間に操作方法を習得できます。
最低限の操作で解析ができるため、空いた時間を、解析結果の検証や改善策の考察など、「考える」時間に充てられるのもメリットの一つです。

ただし、ANSYSアカデミック版には解析規模制限があり、3次元CADのモデルが複雑になると、大規模すぎて解析できないことがあります。
また、3次元モデルは単純でも、高度な連成解析などを行う場合は解析規模が大きくなります。その場合は、ANSYS Mechanical APDL環境で簡略化したモデルを作り、解析することをお勧めします。

ANSYS Mechanical APDL環境 ANSYS Workbench操作環境
  • より高度で詳細な解析が可能
  • FEMの基本項目を全て入力するため、FEMのしくみを把握するのに効果的
  • 3次元CADを使わずに、モデル作成、メッシング、解析、結果処理までを、すべて同一の画面で実施可能
  • 3次元CADモデルを使って解析
  • 多様な3次元CAD連携
  • 操作方法の習得が容易
  • 最低限の操作で解析できるため、空いた時間を「考える」時間にあてることが可能

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ