製品紹介 3次元ダイレクトモデラー「ANSYS SpaceClaim 2017」 待望のナノメートル、マイクロメートルのモデリングに対応!

3次元ダイレクトモデラー「ANSYS SpaceClaim 2017」

CAEのあるものづくり Vol.26|公開日:2017年3月

目次
  1. 微小単位のモデリング
  2. フライスルー
  3. ANSYS Workbenchとの連携

ANSYS SpaceClaimの新バージョン「2017」が2017年2月にリリースされました。本バージョンでは、より使いやすく迅速に形状を作成する機能拡張がされています。
例えば、ブレンドやパッチフィル、数式によるサーフェス作成のプレビューが速くなり、形状を確認しやすくするグリッドがプレビューの表面に表示されるようになりました。また、外側のパーツを非表示にしたり断面を用いたりすることなく、モデルの内部を詳細に調べることができるフライスルー機能が追加されました。さらに、ユーザー様から要望の強かったマイクロメートル等の微小な単位のモデリングに対応しました。
ここでは、微小サイズのモデリングとフライスルーを中心にANSYS SpaceClaim 2017の新機能をご紹介します。

1. 微小単位のモデリング

μmでのモデリング
μmでのモデリング

SpaceClaimオプションの単位の設定に「ナノメータ」と「マイクロメータ」、英ヤードポンド法の「Mils(ミル)」が追加されました。これらを選択するとSpaceClaimのウィンドウの右上に赤いボックスで単位が表示され、 SpaceClaimを微小単位で使用していることがわかるように…

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ