製品紹介 設計者支援CAEツールとしてのANSYS AIMの活用方法のご紹介

設計者支援CAEツールとしてのANSYS AIMの活用方法のご紹介

ANSYSものづくりフォーラム 2017 in 東京 講演資料|公開日:2017年7月

プログラム概要

ANSYS AIMは、QCD(品質・コスト・納期)を向上させたいとお考えの方に最適な「設計者支援CAE」です。本セッションでは、最初に設計者支援CAEの目的や、必要とされる機能を改めて整理した上で、ANSYS AIMを設計者支援CAEツールとして利用する方法を、熱流体解析(電子機器の最適設計)を例にご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. 設計支援CAEソフトとしてのANSYS AIMの特徴を紹介
  2. 設計を高度化(QCD向上)するためにAIMをどのように活用していくかご提案
  3. 事例を交えて紹介
    • 事例1:電子機器の構想設計
    • 事例2:樹脂金型の水管レイアウトの構想設計
      協力:日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社様
    • 事例3:建物内の換気性能の評価
      協力:株式会社フナボリ様協力

資料サンプル

設計支援CAEを推進するために重要なこと 設計支援CAEを推進するために重要なこと
ANSYS AIMを用いたQCD向上活動 ANSYS AIMを用いたQCD向上活動
ANSYS AIMを用いたQCD向上活動例(1) ANSYS AIMを用いたQCD向上活動例(1)
ANSYS AIMを用いたQCD向上活動例(2) ANSYS AIMを用いたQCD向上活動例(2)

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ