解析講座 実践メッシング 機能とノウハウ サイバネットシステム株式会社 西村 知晃

実践メッシング 機能とノウハウ

ANSYSものづくりフォーラム 2017 in 東京 講演資料|公開日:2017年7月

プログラム概要

解析精度は対象物のモデル化、メッシュ、材料物性、境界条件依存します。この中でメッシュは解析特有の設定項目であり、解析の内容によって適したメッシュサイズは異なるため、サイズ決定は容易ではありません。また、メッシュサイズは結果精度のみではなく解析時間にも影響します。本セッションではこのようなメッシュ生成の問題において、精度と解析時間を両立した効率的なメッシング方法をANSYS機能だけではなく、これまで培ったノウハウについてもご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. メッシュサイズと解析精度と解析時間
  2. 解析精度と時間の両立
  3. 応力特異点の評価
  4. まとめ

資料サンプル

解決案概要 解決案概要
グローバルサイズコントロール グローバルサイズコントロール
ローカルサイズコントロール ローカルサイズコントロール
特異点の評価 特異点の評価

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ